社員紹介 STAFF

高橋 彬 Akira Takahashi

個々の良いところを尊重してくれる会社です

どんな仕事をしているか

大手医療系メーカーで、品質保証部門の仕事をしています。
主には、市場にリリース予定の製品に対して、アプリケーションが使いやすいか、バグが潜んでいないか、マニュアルがわかりやすく書かれているかなどを評価し、リリースしてよいかを判断する業務を行っています。
評価計画を立てて、製品を実際に動かしながら評価を行うことが基本的な業務ですが、仕様のヒアリングや評価結果のフィードバックなど、設計開発部門と逐一コミュニケーションをとっていくことが非常に大事なので、一日中画面とにらめっこということはまずありません。
具体的には、PACSと呼ばれる医療用画像管理システムの構築業務で、MRIやCTといった病院内の画像撮影装置から受信した画像データを保管、閲覧出来るようサーバーやクライアント端末の設定を行います。放射線科をはじめ、形成外科など様々な方と接する機会があり、コミュニケーション能力が大切だと日々感じています。

入社の経緯と入社を決めた要因は

前職でも同じように客先に常駐し、システムの設計・開発を行っていました。
公官庁や通信といった様々なシステムに関わる機会に恵まれましたが、その中でも電子カルテシステムの開発や導入といった医療系システムにやりがいを感じました。
ただ医療系の部署から離れたこと、社内のマネジメント業務にシフトすることを求められはじめたことを機に転職を考えました。
エフェクトに決めたのは、様々な医療系のシステムに携われるチャンスがあると感じたからです。
自社サービスなどの新しいことに挑戦しようとしていることも魅力に感じました。

エフェクトってどんな会社か

 穏やかな人が多いと思います。これは全員に共通しているかもしれません。
事務所に戻った時は仕事をしていてもわざわざ顔を見せて歓迎してくれます。
社員の多くは客先に常駐しているので、なかなか全員で顔を合わせる機会は少ないですが、定期的に食事会(飲み会?)もあり、和やかな雰囲気の会社だと思います。
金子社長は、社員に対してその人その人を見て柔軟に対応してくれます。

応募を検討している人に向けて一言

私個人としては働き方は人それぞれだと思いますし、向き不向きも当然あると思います。
エフェクトでは社員それぞれの希望・適正を見て、その人に合う仕事を提案してもらえますし、とにかく個性を尊重してもらえる会社だと感じています。
社員数は少ないですが、その分一人一人の意見が聞き入れられる環境だとも思います。会社を引っ張っていきたい人や会社を陰で支えたい人など、様々な考えを持った人に応募いただき、 仲間に加わっていただけたらと思います。
まずは、金子社長に会ってそれを肌で感じてもらえたら幸いです。

一日のスケジュール(例)

  • 09:00  出社、メールチェック、スケジュール確認
  • 10:00  設計部門へのヒアリング
  • 11:00  評価計画作成
  • 12:00  昼食
  • 13:00  ミーティング(進捗報告、市場状況連絡)
  • 14:00  評価
  • 17:00  評価結果報告
  • 17:40  帰宅
リクルートTOPに戻る
閉じる